コラーゲンを注入して肌への自信が復活

心が疲弊すると肌に表面化

コラーゲンの注入 : 注入系|皮膚科クリニック

私は学生時代から肌が強かったのか、肌トラブルで悩まされるということはほとんどありませんでした。
周りの友人たちの多くは思春期になるとニキビに悩まされていたようで、皮膚科に通っていたり市販の薬を試していたり、何らかの対策を講じているようでしたが、私はほとんどニキビができることはなかったのです。
顔立ちやスタイルにそれほどの自信はありませんでしたが、周りから肌を褒められることが多く、自分の強みは肌だと自覚していました。
しかしだからといって特別なケアをしていたわけではなく、洗顔の後に少量の化粧水を塗る程度で、ほとんど何も手入れをしておらず、それでも褒められる肌を維持することができていたことに、自分でも自信を持っていたのです。
その自信が崩れ落ちてしまったのは、社会人として働くようになってからのことでした。
小さい頃から憧れていた職業に就くことができ、夢と希望を持って働き始めたのですが、現実はなかなか思うようにはいかなかったのです。
もちろん初めから何もかもうまくいくとは思っていませんでしたが、仕事を覚えることよりも人間関係で苦労させられました。
私の指導係となった先輩とそりが合わず、私はどうすれば良いのかがわからなくなってしまいました。
心が疲弊してしまうとそれが体にも出てしまうようになり、どんどん食欲がなくなっていき、夜も眠れなくなっていったのです。
そして、最も心の疲れが顕著に出たのは肌でした。
かつてはあれだけ肌に自信を持っていて、強い肌だとさえ思っていたというのに、実際は決してそのようなことはなかったようです。

心が疲弊すると肌に表面化 / 口コミや美容整形の情報収集 / ドクターの丁寧な説明でコラーゲン注入を決意